世界の水と日本の水/水には様々な種類がある

水の種類について

人間が生きていくうえで水はなくてはならないものです。飲み水だけでなく、お風呂や洗濯などにも水は使用されています。しかし、やはり最も重要な水は、飲み水ではないでしょうか。

 

水は、水道水以外にもミネラルウォーターというものがあります。水の種類はどうやって決められているのかといいますと、処理の方法や水の元によって違うのです。

 

きちんとした違いがある水の種類

 

水は、ナチュラルウォーターやナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルドウォーター、RO膜水に分けることが出来ます。

 

ナチュラルウォーターは、特定の場所で採水をして、ろ過や沈殿、加熱などをおこなって殺菌をして処理を行っています。ミネラルウォーターは、地層中のミネラルが水に溶け込んだもので、天然水に近い水とされています。

 

ナチュラルウォーターと違って、水内のミネラル分を調整したり、殺菌の処理方法が違うのです。ボトルドウォーターは、飲み水としてきちんと許可をされている水のことを言います。

 

RO膜水は、不純物をしっかりと取り除き、純粋に近い状態にした水のことです。水と1くくりに言っても、さまざまな種類があり、味も微妙に違ってくるのです。

水には様々な種類がある|水宅配比較ランキング関連ページ

硬水と軟水の違いとは?
天然水の性質
ナチュラルウォーター
バナジウム