世界の水と日本の水/天然水の性質

天然水の性質の紹介

販売されている飲料水の名前を見ると、天然水というネーミングの飲料水をよく見かけます。

 

天然水は、地下水が主成分で殺菌消毒などをして市場に出回っているのです。天然水は、地層の深くから抽水されています。

 

溶岩も通っているので、その結果自然の恵みが作ったミネラル成分豊富の美味しい天然水が出来上がるのです。

 

天然水とミネラルウォーター

 

天然水とミネラルウォーターは、どちらも同じような気がしますが全くの別物なのです。天然水は殺菌処理だけを施しているのですが、ミネラルウォーターは無機塩添加など人の力を加えて人工的に調節しています。

 

日本は殺菌処理をしないと天然水を市場に販売することはできないという決まりがあるのですが、ヨーロッパ地方では殺菌処理をしなくても販売することが可能だそうです。

 

水道水を不安に感じる人が多い

 

日本の水道水は、世界一安全と言われていますがそれでも口に入るものですので不安に感じる人も少なからずいるでしょう。水道水は日常生活で使用されていますが、カルキ、銅、トリハロメタンといった体に害のある物質が含まれているので健康に良いとは言えないのです。

 

また、近年は原子力発電所の事故の影響で放射能に敏感な人が増えているので安全な水を求めている人が増えている傾向があります。ですから、身体にも害の少ない天然水は今後ますます需要が高まっていくと期待されています。便秘にも効果があるので、悩んでいる人は一度飲んでみると良いでしょう。