世界の水と日本の水/硬水と軟水の違いとは?

硬水と軟水の特徴

私達が生きていくうえで欠かすことが出来ない水は、硬水と軟水に分けられます。日本で飲まれているのは軟水ですが、ヨーロッパの地方では硬水が人々に飲まれている傾向があります。

 

硬水と軟水の判断基準としては、水に含まれている酸化カルシウムやミネラル成分の量によって判断されます。多く含まれている水は硬水、少ない水は軟水と区別されています。

 

硬水の性質としては、タンニンやカフェインが溶けづらく食物繊維も硬くしてしまうというやっかいな性質があります。ですから、煮物やコーヒーなどには硬水は向いていません。また、洗剤の泡立ちも良くないので洗濯に使用するのも避けたほうが無難です。

 

硬水と軟水の飲みやすさについて

 

日本で飲まれている軟水は、飲料水にとても適しています。硬度は10から50が主流なので、硬水と比べるととても飲みやすく感じることでしょう。

 

赤ちゃんのミルクを作る時にはどちらの水が適しているかという疑問もよく聞かれるのですが、飲みやすさのことを考えると軟水の方が消化器系の負担も少ないのでおすすめすることが出来るでしょう。硬水はミネラル分が豊富なので、赤ちゃんに影響がある可能性も否定できません。

 

育児をしている人の中には、水道水でミルクを作ることに不安を感じている人もいるかもしれません。そのような人におすすめな物が、ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーは、水だけではなくお湯もでるのでミルクを作る時もとても楽に出来るから育児の負担を減らすことが出来るでしょう。

硬水と軟水の違いとは?|水宅配比較ランキング関連ページ

水には様々な種類がある
天然水の性質
ナチュラルウォーター
バナジウム