ウォーターサーバーについて/リターナブル方式かワンウェイ方式か

ウォーターサーバーの種類について

ウォーターサーバーには、「リターナブル」と「ワンウェイ」の2方式があります。

 

この2方式では、「リターナブル方式はボトルを再利用し、ワンウェイ方式はしない」というように、ウォーターサーバーにセットするボトルに違いがあります。

 

リターナブル方式の場合、(ボトルの再利用のため)ボトルはウォーターサーバー会社によって回収されます。一方のワンウェイ方式では、利用者が自分でボトルを廃棄する必要があります。

 

リターナブル方式は、空になったボトルが家に溜まってしまうこともなければ処分する手間もかからず非常に便利であり、ワンウェイ方式も、(捨てる手間はかかるものの)ボトルは簡単につぶしてコンパクトにできるようになっているため、捨てにくい・扱いにくい、また邪魔になるということは殆どないでしょう。

 

リターナブル方式の問題点

 

リターナブル方式は、ボトルを再利用するため、衛生面に不安を感じる方もあるかもしれませんが、厳しい衛生管理下において、様々なチェックを経て再利用されているため、安全性に問題はありません。

 

ただし、リターナブル方式に関しては、(ボトルの再利用によってトラブルがおこる心配はないものの)ボトルの性質上、使用中に空気が逆流することで雑菌が混入する危険があるとされています。

 

しかし、各メーカー、水の安全と鮮度を維持するために様々な努力をしていますから、こちらも特に心配はないと思われます。不安な方は、メーカーHPで、それぞれの会社の取り組みを確認することができるため、目を通してみると良いでしょう。

 

リターナブル方式とワンウェイ方式のどちらを利用するのがベスト?

 

リターナブル方式とワンウェイ方式、どちらを採用しているかはメーカーによって異なりますが、最近は両方の方式に対応している会社が増えており、利用者が好きなほうを選ぶことができるようになってきています。

 

それぞれのメリット・デメリットを確認したうえで、好きなほうを選ぶといいでしょう。