安全性の高いお水/貯水槽としての役割を果たすウォーターサーバー

ウォーターサーバーの新しい役割「貯蔵水」

東日本大震災では、地震や放射能の被害により、水道水が使えなくなったり、市販のペットボトルの水が店頭から売り切れになってしまうといった、飲料水の問題が発生しました。

 

その経験から、震災後にはウォーターサーバーに「貯蔵水」としての役割が再認識され、注目を集めています。

 

ウォーターサーバーの水は宅配なので、業者のほとんどが全国に支店を持っています。配達が遅れたり品不足になったりするリスクが少なく、定期的に水が補給されるという点も災害に強いメリットです。

 

ウォーターサーバーの水が突然「貯蔵水」に

 

震災時には、ペットボトルの飲料水が店頭から姿を消しましたが、自宅にウォーターサーバーの水があったので困らなかったという家庭も多くありました。ウォーターサーバーを導入している家庭では、水道が断水しても水不足におちいることがなかったようです。

 

ほとんどの家庭では、災害時のことを考えてサーバーを導入したわけではありませんでしたが、結果的に貯蔵水として役に立ったのでした。これが評判となって、現在、ウォーターサーバーを導入する家庭が急増しているようです。

 

安全な貯蔵水を確保

 

ウォーターサーバーの水は、家庭での消費量に合わせて購入量を調節できますが、もちろん多めに買うこともできます。万一の災害にそなえ、日常で消費する分とは別に、数日分の余剰な飲料水を確保しておく家庭が多くなっています。

 

とりわけ赤ちゃんや幼い子供がいる家庭では、安全な貯蔵水をキープしておくことで大きな安心感を得られることでしょう。

 

女性でも持ち運びOK

 

ウォーターサーバーのボトルは大型ですが、最近では、1本あたりの分量を少なくする業者が増えています。さほど大きくなく、重くもないので、女性でも持ち運びが可能なサイズです。貯蔵水として考えた場合にも、これは大きなメリットです。

 

万一にそなえて自宅に貯蔵水がほしいという方には、ウォーターサーバーの導入がおすすめです。

貯水槽としての役割を果たすウォーターサーバー|水宅配比較ランキング関連ページ

ウォーターサーバーは経済的
こんなに便利に
赤ちゃんやお子様にも
料理にも天然水を