安全性の高いお水/ウォーターサーバーは経済的

経済的なウォーターサーバー

ここ最近、ウォーターサーバーを店頭で紹介している光景をよく見かけるようになりました。

 

何も心配する必要のない安全な水が手に入る、しかも自宅ですぐに実感できる。これは注目すべき商品なのではないでしょうか。

 

まず、ウォーターサーバーにかかる費用です。ウォーターサーバーって、どのくらい費用がかかるのかしら?

 

これは誰もが思っていることなのではないでしょうか。心配ご無用、意外にも経済的なんですよ。

 

1日100円から170円ほどで設置できるのです。

 

その内訳ですが、水本体の代金、送料、サーバー代金(買取やレンタル、無料のものもあります)、電気代、メンテナンス料です。

 

水道管を通って蛇口から出てくるわけではないので、水本体以外の部分にコストがかかります。それでは、100円から170円の差とは何なのか、それを以下で説明します。

 

水本体の代金について

 

天然水やRO水など、水の種類によって安いものは1200円から、高いものだと2000円弱まで選択肢が豊富です。しかし、おおよそ1リットルあたり100円が相場で、スーパーで購入するペットボトルと変わりません。また、自宅まで届けてくれるので、重いペットボトルを何本も抱えてスーパーを行き来する必要もありません。

 

送料について

 

送料は、大抵無料の場合が多いのでご安心ください。ただ、離島や一部の地域にお住みの方は、送料が発生するケースがありますので、契約時には注意が必要です。

サーバー代金について

 

大部分の業者が、無料で貸し出してくれます。デザインによっては有料のものもありますが、本体の性能は変わりませんので、無料レンタルサーバーがお得だといえます。

電気代について

 

ウォーターサーバーはコンセントに繋いで使用するものですので、当然電気代がかかります。1ヶ月の電気代は、おおよそ1000円です。1000円もかかるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ウォーターサーバーは冷たい水はもちろん温かい水も飲めるのです。電気ポットで月1000円の電気代をお支払いしている方は、今までと同じ負担で、冷たい水も温かい水も両方いつでも飲めるようになります。

 

また、今まで冷蔵庫で水を冷やして飲んでいた方は、その分の冷蔵庫の電気代節約にもなりますし、冷蔵庫内のスペースも広がるという、まさに一石二鳥でしょう。

 

もし、それでも高いと感じる方は、いろいろなエコサーバーが出ていますので、それを使えば最高50%の省エネとなり電気代は500円程度ですむようになります。

 

メンテナンス代について

 

水本体が安全でおいしい水であっても、サーバーがしっかりと点検修理されていないと、まったく意味のないものになってしまいます。しかし、当サイトで紹介しているどのサーバーも、メンテナンスの回数が少なくて衛生面を保持できるように設計されているものが大半です。

 

自分で点検するというスタイルですが、お手入れキットがあり、そのキットは大抵無料です。もし、有料であっても1000〜2000円程度です。クリクラなど、1年に1度、1回5000円がかかりますが会社で専門メンテナンスを行っている業者もあります。

 

ウォーターサーバーを導入するにあたっての総額費用

 

最後に、ウォーターサーバーを導入するにあたっての総額費用を算出してみました。

 

どの項目も無料含め一番安いものを選び、1ヶ月最低24リットル利用する場合です。水本体の料金は月2400円〜4000円と幅を持たせ、送料は無料、サーバー代金は無料、電気代は500円〜1000円、メンテナンス代は無料という場合のシミュレーションです。

 

すると、月2900円〜5000円でウォーターサーバーを利用できるという結果となりました。これを1日に換算すると約100円〜約170円の金額となります。

 

コンビニエンスストアのペットボトル1本の値段で、いつでも安心安全な水を飲むことができ、冷たい水も温かい水もすぐに調達できる、そんな快適なウォーターサーバー生活を送れるようになるのです。

ウォーターサーバーは経済的|水宅配比較ランキング関連ページ

こんなに便利に
貯水槽として
赤ちゃんやお子様にも
料理にも天然水を