水宅配を比べる時のポイントを解説

お水の宅配はどうやって選ぶ?

 

ご家庭用にも普及が進んで来ているお水の宅配。その理由の一つとして、ウォーターサーバーのレンタル費用やサービスに掛かるコストが以前よりずっと安くなってきていることが挙げられます。

 

元々、ご自宅でウォーターサーバーと言うとちょっと贅沢なイメージがありましたが、最近ではちょっと驚くほどのお手頃な価格で利用することが可能になっています。

 

確かにスーパーなどで買ってくるペットボトルの飲料水の方が、まだまだ若干安いのは事実なのですが、そのお値段にちょっとプラスするだけで、いつでも便利に美味しいお水を使うことが出来るようになります。

 

当サイトでは、まだお試しでない方にぜひ一度ウォーターサーバーのある生活を味わってみて頂きたいと考え、お水の宅配業者の比較・ランキングを行なっています。

ウォーターサーバーレンタル、導入前にこれだけはチェック!

 

美味しい水が飲みたい!と思っていたらサーバーレンタルのキャンペーンに通りかかった…

 

ちょっと待ってくださいね。申し込みの前に、最低限チェックしておくべきことがあります。設置場所の安全性と利便性、サーバ―の使いやすさ、サーバーの構造上の衛生面、この3つのポイントについて順番に説明しましょう。

 

安全性と利便性

どこに置くか、ということです。電気を使う機械で、水が入っていますから、ずさんな使い方、火気のある場所などでは意外と危険があるものです。ガスコンロやヒーターの前は避けたほうがよさそうです。また、コンセントに積もった埃がショート火災の原因となるのはよく知られた話ですが、この場合も同様です。食品を扱う機械でもありますから、設置する場合はマメに掃除をするに越したことはありません。

 

生活目線からはどうでしょう?せっかくお湯が出ても、マグカップを片手にこちらの部屋から、隣の部屋の端まで横切るようでは…折角導入したサーバーなのに、次第に活躍のチャンスが減ってしまいそう。便利に使える場所に置きたいですね。(お風呂上がりに冷たいお水を一杯、のためだけに脱衣室に設置!という潔い方も、中にはいらっしゃるかもしれませんが。)

 

つまり、火気から離れていて、お掃除のしやすい場所で、お水が飲みたい場所に、そのサーバーは置けますか?というのが最初のチェックです。面倒でも、一度メジャーを持って、お家と、お目当てのサーバーの身体測定をしてみましょう。

 

使いやすいかどうか

サーバーの使いやすさも大切なポイントです。蛇口をなんどかひねってみましょう。スムーズに扱えるでしょうか。しっかりしていますか。水漏れの心配はありませんか。高さ、堅さ、自分にとって扱いやすいかも実際に確認してみましょう。扱いが面倒だと、折角レンタルしたのにお水を出すのが億劫で、だんだん使わなくなってしまう…なんて勿体ないことにもなりかねません。

 

衛生面の問題

最後に衛生面です。特に注意を払うべきは、水の入ったボトルの作りになります。交換時や使用時に、空気中の浮遊雑菌が内部に侵入する可能性はないでしょうか。万が一、ボトルの中で雑菌が繁殖してしまうと、その汚染水がサーバーの中を通ります。こうなると衛生管理は大変難しいことになってしまいます。レンタルサーバーは、基本的に事故のないようにつくられているべきもののはず…とはいうものの、使い方は人それぞれですから、やはり使用者自らが自分の身を守るために確認すべきことのひとつ、といえます。

 

 

以上の衛生面、安全性、利便性の3つ。ウォーターサーバーをレンタルする前に、自宅と自分とサーバーの相性を一度チェックすることをおすすめします。「ああ失敗した!」という事態を回避し、美味しい水と素晴らしい生活を楽しむことができるでしょう。

 

 

ウォーターサーバーレンタル、どうせならお得に、最初の一歩

 

衛生面、安全性、利便性の3つ。これらは導入前の最低限のチェックですが、それにしても沢山のサーバーが巷に溢れています。一体どれを選べば、と迷うこともあるでしょう。こういうときは、自分が一番美味しいと思うものを選ぶのが一番、二番目にはサーバーのデザインが大好きでこれじゃなきゃ嫌、というものを選ぶ、なのですが……そこまでのこだわりはないよ、という場合は、お得さも重要な決定要素になりそうです。

 

各メーカーのキャンペーンの中で、特に多いのは新規契約時の特典です。スペアボトルのサービス、普通のペットボトルや、その他の品がついてくる場合もあります。地域産の天然水などのサーバーなら、採水地などの地域限定割引などもしてくれる場合があります。チェックしてみましょう。

 

いまひとつ決め手がなくて、どれにしよう…と言うときに是非利用したいのは、各社の新規お試しキャンペーンです。メーカー間の競争激化に伴ってよく見かけるようになりましたが、最初の1〜2週間は無料で、というこのシステムは、ボトルサービスと同等以上の価値があります。こういうキャンペーンをうまくとらえて、実際にサーバーのある生活を体験してみるとよいでしょう。経験はなにより確かな判断材料になりますから、どうしようかな、と迷う時間を無駄にしなくて済みますよ。

当サイトで紹介しているウォーターサーバーのサービスエリア
北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・新潟・山梨・長野・愛知・岐阜・静岡・三重・富山・石川・福井・大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄